カテゴリー「旅行・地域」の記事

2014年7月26日 (土)

カジノ誘致という街づくりの光景

2020年の東京オリンピック開催に向けてカジノ誘致の検討が進むという。カジノのある街の光景はどんなものだろうか?

人口減少高齢社会、過疎化する地方と人口が都市に集中する社会、昔のような大家族でも核家族でもなく独居者の増大する社会、経済格差の拡大した社会、が今の社会である。 独居高齢者には古くなった住宅を建て替えたりリフォームしたりする資金もなければ動機もない。大資本をを持つ不動産投資企業にも街の再開発をするだけの投資効果が望めない。大規模に店舗展開する小売り企業も、商業価値を失った街から撤退し、シャッター通りと老朽化した店舗だけが残される。

一方、ギャンブルを目当てに、海外からお金を持った観光客がたくさん訪れる。私の想像できるのは、不夜城と化したカジノの周辺に、独居高齢者が住む老朽化した空き家だらけの街並み、閑散としたシャッター商店街が広がる光景である。

2014.7.26 日経新聞記事より引用、抜粋
政府、東京五輪を開催する2020年までに全国3ヶ所前後で、カジノの開設を認める検討に入った。政府関係者によれば、カジノ誘致に関心を示している約20の自治体のうち、臨海部の人工島「夢洲」を候補地とする大阪府、国際観光拠点を目指す沖縄県のほか、海外から豪華客船が入港する横浜市も4月に検討会を立ち上げ、有力な候補地と目されている。外国人の入場料は無料とし、誘致効果の大きいカジノをテコに訪日外国人の増加につなげる。日本人の入場は、数千円程度を徴収するなど制限を加える方向だが、ギャンブル依存症や治安の悪化などマイナス面への対策が欠かせない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

日本を訪れる海外からの観光客が1000万人を突破

日本を訪れる海外からの観光客が1000万人を突破し、過去最高となった。円安、ビザの免除といった政策面での後押しがあったと分析している。本来、日本の魅力をアピールして “行きたい、もう一度行ってじっくり観たい、もっとたくさん観たい” を増やすことが大事であある。そしてそれ以上に “おもてなし” の文化を心の面、ハードの面で浸透させなければならないと思う。ここで、ハードの面での “おもてなし” とは、ユニバーサルデザインがいたるところにさりげなく施されていることである。

2014.4.24 日経新聞記事より引用、抜粋
日本政府観光庁、2013年度の訪日客は前年度比26%増の1098万人と過去最高を更新した。訪問客は北海道や福岡などの地方都市にも広がり、東京一極集中からの脱却が進む。外国人の消費が拡大すれば、人口減に悩む地方の景気を下支えしそうだ。2013年度の訪日客を国・地域別でみると、伸びが目立ったのは東南アジア。タイは76%増の約50万人、マレーシアは46%増の約20万人になった。円安に加え、2013年7月に両国の観光査証(ビザ)を免除した効果が表れた。人数ベースで最も多かったのは韓国で、10%増の約246万人だった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)