« ポストコロナ時代の基盤となる非接触技術 | トップページ | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が引き起こしたパンデミック後の世界は「ニューノーマル」ではなく『社会変容2.0 または Social Transformation2.0』となる »

2020年5月16日 (土)

21世紀型の新たな社会の秩序

 公権力からの確固とした自由(自由権)を基盤として成立する社会、文化を育む豊かな社会、一人ひとりが自立し事実に基づいて判断し自律して行動できる心豊かな個人が、国を豊かにしていくものです。

 近代化を目指した20世紀の社会では、利己的に富を追い求めることが合理的であるとされ、経済格差が広がりました。そして、覇権によって権力をかざして利権を獲得しようとし、自国第一主義により既得権益を囲い込もうとすることで、世界中に紛争が巻き起こされてきました。

 21世紀の社会になった今でも、相変わらず、富を追い求める資本主義経済が先鋭化して経済格差は極端に拡大し、覇権を主張するもの、自国第一主義を主張するものの争いが絶えません。

 しかし、その一方で、人権を大切にし、多様性を重視して包摂のある社会を築いていこうという意識が次第に広がってきています。それは、20世紀の反省から学んだことでもあります。そして、新型コロナウイルスの感染拡大(パンデミック)をきっかけにして、世界中の人々の行動様式は変容し、新しい生き方が芽生えてきました。平時にあっては、新自由主義のもとで富を追い求める人達、権力を振りかざすリーダー、覇権を主張するリーダー、自国第一主義を主張するリーダー達は、パンデミック禍にあって国民の命や健康を守るということには無力であることが露呈してしまいました。むしろ、人権を第一にして、国民の生活に寄り添い、命や健康のために毅然とパンデミックに立ち向かっているリーダーが国民の信任を得られるようになってきました。

 冒頭に記した「公権力からの確固とした自由(自由権)を基盤として成立する社会、文化を育む豊かな社会、一人ひとりが自立し事実に基づいて判断し自律して行動できる心豊かな個人が、国を豊かにしていく」ことが、今、目の前に起ころうとしています。そして、21世紀型の新たな社会の秩序がつくり出されようとしています。

| |

« ポストコロナ時代の基盤となる非接触技術 | トップページ | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が引き起こしたパンデミック後の世界は「ニューノーマル」ではなく『社会変容2.0 または Social Transformation2.0』となる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。